私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オリンピック女子バレー「日本対アメリカ」

セットカウント1-3で負けましたね。

勝てないだろうとは思っていたのですが、案外粘って食いついて、行けるかも…!?な展開の試合だったので、負けてしまって悔しいです。

相手もいっぱいミスしてくれたし、日本も自分達のプレイを出せていて、2セット以降は中盤リードする展開だっただけに勝てなくて残念です。


オリンピックを機にボールが新しくなって、よりラリーが続くようにあまり跳ねないボールになったそうなのですが、それは結構日本にとって有利に働いていると思います。

なので後はサーブレシーブと、サーブでどこまで攻めきれるかという所だと思います。
後もっとブロックが良くなるといいな…。

気になるところ


前々から竹下選手は焦るとそうなるのか分かりませんが、トスが低くなりすぎる所とか、周りが見えなくなってブロック密集地帯にトス上げる所とかが治るといいなぁと思うのですが…。

日本は速さで勝負しないといけない分、トスが低くなるのは分かりますが、アタッカーがすごく打ちづらそうに見えるんですよね…。
栗原選手もボールを被るような状態で体重を乗せられない打ち方になってる事が多いですし、連続してブロック一発で決められてる時なんかムキになって早いトス回すんじゃなくて、一回落ち着いてアタッカーの打ちやすいトスを意識して上げてくださいよと思います。

なんか気持ち的にアタッカーを動かしてやる!操ってやる!みたいなトス回しに見えるんですよね。
そしてひどくなると敵のブロックの位置すら見えなくなって自分の中のデータ(さっきはセンターに上げたから今はバックで行けるはず!みたいな)だけで上げてるような気がするんですよ…。
責任感なのか分かりませんが、自分がどうにかしてやる!自分がどうにかしないと!という気持ちが空回って周りが見えなくなってる気がします。

竹下選手がテンぱってる時に一回下げて外から状況確認させるための控えセッターがいればいいのにと思うんですけどね…。

北京の次のセッターはどうなるんだろうなぁ…。

良かったと思うところ


オリンピック初出場の荒木選手がいいところでブロックやスパイクやサーブを決めてくれて活躍してたと思います。荒木選手は本当に頼りになる選手だなぁと思います。

なんだか荒木選手は今後イタリアのチームへ行くみたいなので、北京の次のオリンピックに向けて、さらに大きく成長してもらいたいです。

女子バレーの荒木がイタリアへ

そして木村選手ものびのびプレイしてて良かったです。
サーブレシーブで崩される場面が多々ありましたが、あとの試合ものびのびプレイして欲しいです。

そして佐野選手は相変わらずの守護神ぶりでありがとうございます!今後ともどうぞよろしくお願いします!!です。

なんだかオリンピックの日本戦は見る試合見る試合負けてばかりで(柔道:平岡選手&谷選手の準決勝と、この試合)悔しくてイラつくのですが、どうかこの鬱憤を晴らさせてください!な感じです。

次の試合は勝てますように…。
そして他種目の日本選手も頑張って勝ち進んでくれますように…。
Loading...

| スポーツ | 01:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT