私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ペルソナ4プレイ記その4「一週目:BADEND!!」

BADENDを迎えてしまいました。

選択肢を誤ったようで、ある選択肢を選んだ瞬間時間が12月から3月にぶっとんで強制終了させられて笑えました。

以下完全無欠のネタバレ


このゲームの目的は、小さな町で起こった連続殺人事件を解決することで、

事件の概要は

(1)殺害方法は被害者をテレビの世界に放り込むこと
(2)テレビの中の世界に入ると、自分の本心の影が現れ、その本心を否定すると、影が魔物(シャドウ)と化して本体を襲い、殺してしまう
※テレビの世界から抜け出す方法はクマしか知らない

というもので、連続殺人事件の捜査という、なんか現実的、論理的なものを求められる分野にこんなファンタジーが混ざり合った面白いストーリーでした。

物語のテーマとしては、自分と向き合うという感じで、メインキャラ以外のシナリオも結構凝っていて、人と人の絆の大切さを感じさせてくれる、いいゲームでした。

で、そんな連続殺人の中で、主人公が現在同居している親戚の家の小学生の女の子が狙われ、テレビの世界に放り込まれてしまいました。

主人公達は必死で助けようとテレビの世界で戦いました。
いつもだったら私は一週間くらいの時間(ゲームの中の)をかけてミッション達成するのですが、この時ばかりはこんちくしょー!早く助けてやるぜ!!な感じで二日で救出しました。
で、良かったぁと思ったら、女の子はテレビの世界から救出した後、衰弱がひどいまま容態が好転せず、数週間の入院生活の後、死んでしまいました。

ええええええぇえええぇぇぇぇえ!!!!?

ですよ。そして

ちくしょう犯人許さん!!!

と思ってたら、犯人が同じ病院で入院してるらしく、同じく犯人追跡の際事故って入院してた同居先の親戚のおじさん(刑事)が復讐のため犯人の病室へ行ってしまう。
止めねば!な感じで犯人の病室に駆けつけると、おじさんはすでに犯人の病室の前で警備していた警官に止められ、自分の病室へ戻されていました。

…今、犯人の病室に警備はいません。

今まで一緒に戦ってきた、そして女の子と仲良く遊んでくれた仲間達は犯人を前にして怒りと悲しみに震えます。

主人公にとっては大切な家族を奪った、仲間達にとっては小さな友達を奪った、「テレビの世界に人を放り込んで殺す」なんて立証できない、法で裁けない、また繰り返すかもしれない犯人が今、無防備に目の前にいるのです。

そして病室には大きなプラズマテレビがあります。

ここで選択肢です。

犯人をテレビの世界に落とす or やっぱりやめる

犯人は被害者をテレビの世界に放り込むことは出来ますが、出てくる方法を知りません。

つまり、犯人をテレビの世界にぶち込めば、犯人は間違いなく死ぬのです。
これは犯人が今まで被害者を殺してきた方法と同じものです。

私は迷いなく犯人をテレビに突き落としました。

そうしたらキングクリムゾン!!な感じで時間が吹っ飛んで一気にエンディングになってしまいました。
やっぱり復讐はしちゃいけないんですね…。
でも実際家族が殺されて目の前に犯人がいて、証拠の出ない殺人が可能な状況があったら…やってしまいそうですよ。
というかゲームではやってしまったのですが。

ゲーム的にはこの選択肢はマズイんだろうなぁとは思いましたが、まさか一気にエンディングとは思いませんでした。

とりあえず一週目はBADENDということで、直近のセーブデータでの病院のシーンをやり直して二週目に行きたいと思います。

しかし、このゲーム面白いですね…。
Loading...

| ゲーム | 02:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT