私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012-2013シーズンのGPSアサイン発表!!羽生君はNHK杯!!

アサインは明日発表かと思いきや、今日来ました!!

羽生君は第一戦のスケートアメリカと、最終戦のNHK杯!!

NHK杯は女子は真央ちゃん、男子は高橋選手と
いつものように日本の人気選手がエントリーされているのでチケット取るのが大変そうです…。
せっかく国内で羽生君の試合が見られるのですごく行きたいです…!
でもチケット取れる気がしない…。

以下エントリー一覧。

Entries Men 2012/13- All 6 Events
Entries Ladies 2012/13- All 6 Events
Entries Pairs 2012/13- All 6 Events
Entries Ice Dance 2012/13- All 6 Events


男子シングルエントリーと個人的感想。

スケートアメリカ

Michal BREZINA(CZE)
Tomas VERNER(CZE)
Yuzuru HANYU(JPN)
Takahiko KOZUKA(JPN)
Tatsuki MACHIDA(JPN)
Konstantin MENSHOV(RUS)
Alexandra MAJOROV(SWE)
Jeremy ABBOTT(USA)
Douglas RAZZANO(USA)
TBA(USA)
初戦から羽生君登場!!
羽生君の第二戦のNHk杯に高橋選手がいることを思うと、
GPFに行くためにはここで優勝したいですが、強敵ぞろいのメンバーですね…。
また緊張して心臓が爆発するかもしれません…!

TBAにはライサが来るのかな、
それとも今季の世界ジュニアで銀銅を取った二人のどちらかが上がってくるのかな…。

スケートカナダ

Patrick CHAN(CAN)
Liam FIRUS(CAN)
TBA(CAN)
Florent AMODIO(FRA)
Takahito MURA(JPN)
Nobunari ODA(JPN)
Denis TEN(KAZ)
Artur GACHINSKI(RUS)
Javier FERNANDEZ(ESP)
Ross MINER(USA)
ガチ君は世界選手権のとき、直前に靴が壊れて不調な結果に終わってしまいましたが、ここでの復活に期待したいです!
新プロもどんなのか楽しみです!今年もjapan Openに来てくれないかな。
今季のフリーは素敵プロだったのに完成形が見られなかったので、個人的には持ち越して欲しいくらいです。

中国杯

Kevin REYNOLDS(CAN)
Jinlin GUAN(CHN)
Nan SONG(CHN)
TBA(CHN)
Brian JOUBERT(FRA)
Samuel CONTESTI(ITA)
Tatsuki MACHIDA(JPN)
Daisuke TAKAHASHI(JPN)
Artur DMITRIEV(RUS)
Adam RIPPON(USA)
見た感じ、ジュベと高橋選手が実績的には抜けている感じのメンバーです。
ジュベは中国杯を優勝すればGPS全制覇になるので、応援しています…!
でもジュベは来季から国内と欧州選手権と世界選手権だけ出る的なことも聞いていましたが、GPS出るんですね!
現在のコンディション的に大丈夫なのかな?と心配はありますが、GPSでジュベが見られることを祈りたいと思います!

ロステレコム杯

Patrick CHAN(CAN)
Michal BREZINA(CZE)
Takahiko KOZUKA(JPN)
Nobunari ODA(JPN)
Denis TEN(KAZ)
Zhan BUSH(RUS)
Artur GACHINSKI(RUS)
TBA(RUS)
Richard DORNBUSH(USA)
Johnny WEIR(USA)
ロステレコムにPちゃん登場!!
これでTBAにプルが入ったらとんでもない試合が見られそうです!
ジョニーもガチ君もいますし、すごく楽しみです!
さりげなく小塚選手VS織田選手という全日本の前哨戦が見られるのもドキドキです。
スケアメは羽生君VS小塚選手VS町田選手ですが、
こっちはドキドキというよりもう胃に穴が開く勢いです。
織田選手は2戦ともPちゃんと一緒とか、怪我からの復帰戦なのに厳しいですね。

織田選手もGPSでかなりの試合で優勝しており、
あとはスケカナとロステレコム杯に優勝すれば全試合制覇になります。
なのでここは織田選手に頑張って優勝して欲しいです…!

エリックボンパール杯

Jorik HENDRICKX(BEL)
Nan SONG(CHN)
Tomas VERNER(CZE)
Florent AMODIO(FRA)
Brian JOUBERT(FRA)
TBA(FRA)
Samuel CONTESTI(ITA)
Takahito MURA(JPN)
Jeremy ABBOTT(USA)
Johnny WEIR(USA)
ここはなんだか誰が優勝してもおかしくないメンバーという感じですね。
実際の実力には差があるけど、安定して力を発揮できるかどうか読めない選手が多い気がします。その時の調子によってすごく順位が入れ替わりそうな感じです。

NHK杯

Kevin REYNOLDS(CAN)
Andrei ROGOZINE(CAN)
Yuzuru HANYU(JPN)
Daisuke MURAKAMI(JPN)
Daisuke TAKAHASHI(JPN)
Sergey VORONOV(RUS)
Javier FERNANDEZ(ESP)
Richard DORNBUSH(USA)
Ross MINER(USA)
Adam RIPPON(USA)
レイノルズ選手に羽生君、高橋選手、
フェルナンデス選手、マイナー君、リッポン選手と見たい選手目白押しです!!!
チケット欲しい…!!!是非生観戦で応援したいです…!!


しかし、羽生君は初戦と最終戦か…。
これってどうなんだろうなぁ。間が空いてやりづらそうに感じるけどそうでもないのかな。
初戦の反省点を改善しつつ、アメリカから日本への時差対応への時間も十分あっていい!
とポジティブに考えられるんだろうか。

羽生君は今季B級試合とかなしに、いきなりGPS本番なんでしょうか。
個人的にはJOあたりに出て新プロの点の出方を様子見しに来てくれると嬉しいです。

そして、どこもかしこも激戦区に見えるので、一体どこが一番厳しい試合なのか
今季の世界選手権の順位と、現在の世界ランクの平均の合計点をもとに計算してみました。
WCは2012年世界選手権の順位、WSはアサイン発表時点の世界ランクです。
ランクのない選手は平均の頭数から抜いています。

こうしてみると激戦順は
1位.ロステレコム杯
3位.スケートカナダとエリックボンパール杯(同率)
4位.スケアメ
5位.中国杯
6位.NHK杯

となってます。

とりあえず、羽生君がんばれ!!!!
今季ロミオをはじめて見た時、これは勝てるプログラムだ!!!と思いましたが、
来季もそんな可能性を感じさせてくれるプログラムだといいなぁ。
オフの間、ショーで新プロと羽生君の成長を見守れるといいなぁと思います。
Loading...

| フィギュア | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント

TRACKBACK URL

http://karaxcomic.blog50.fc2.com/tb.php/611-59191f6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT