私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「今日から俺は!」作/西森博之

もっとエバりたいという欲求から、主人公三橋貴志は転校をきっかけに大変身。パーマをかけ、金髪、短ランでツッパリの道へ。

時を同じくして、同じ考えの転校生がもう一人。トンガリ頭に長ランの彼の名は、伊藤真司。

そして二人はともに千葉の平和のため、本物の悪党共をぶっ倒すのである。
三橋、伊藤と愉快な仲間が織り成すツッパリギャグ!ですね。

表紙やあらすじで誤解されそうですが、この漫画をただのヤンキー漫画、不良のケンカの話と思わないで欲しいです。そんな事はない。純粋なギャグ漫画です。ケンカもあるけど、こうなんか違うんですよ、とにかく。


この漫画の最大の魅力は「キャラクター」だと思います。
話も面白いんですが、そこに三橋と伊藤がいる、その他のキャラクター がいて、彼等のちょっとしたやりとりや、そのキャラ達の人間性、台詞回しなど言葉では説明しにくいのですが、そういう所がとっても面白いです。
あと、ギャグ顔の表情の豊富さも好きです。
シリアス顔とのギャップが面白いです。
とても、実際見てもらって感じてもらいたいです。

「スケバン刑事」の時にも書きましたが、私は漫画では周りを弾き飛ばしてでも我を通すような一直線な話や人間にとっても魅力を感じます。

その点ではこの作品は、最も私の欲求を満たしてくれていると思います。
とりあえず主役の三橋は、自分よりエバッタ奴は許さない、といった 奴で、わがままし放題なので見てると、とてもすっきりします。
卑怯でわがままで..そんなの最悪じゃんと思う方もおられるかもしれませんが、とっても、というか完全に憎めない性格の奴です。そのわがままぶりから学校の人からは敬遠されてますが。

そして、ここに出てくるキャラ達はそれぞれ信念みたいのを持っていて、それに乗っ取って行動しているので、かっこいいなあ、と思います。
この人が描いた漫画はたぶん全部読みましたが、一貫して「男の中の男」というのがテーマにあるように思います。
「今日から俺は!」に出てくるキャラには様々なタイプのキャラが出て来ますが、(不良から優等生から頑張る弱虫まで、その他諸々)どいつもこいつも、それぞれ「男の中の男」と言えるような一本気なやつばかりだと思います。
なんかこの漫画でかなり私の中の理想の男像ができてしまいました。

話の中で三橋が「ハンパな奴はいかんよ」と言ってましたが、この漫画のキャラは皆どこか「自分」というものを持っていて、それを極めた感じがありますね。
きっとそこがいいんでしょう。

そしてケンカにしても、縄張り争い、全国統一、仲間を増やせ、みたいのじゃなくて、自分たちの信念とぶつかった者、本当の悪党だけと戦っているのがいいですね。
三橋は一応軟葉高校の番長、って事なんだと思いますが、学校の名前をしょって戦ってるわけじゃなくて、「三橋貴志」として、自分のために自分の気に入らない奴をぶっ飛ばしているっていうのがいいです。

だれでも皆気に食わない奴はぶっ飛ばしたいと思います。
でも現実にそんな事をしたらとんでもない事になります。
だから皆、我慢します。でも彼はしません。
気に入らねーと思うと同時に手が出ます。
いいですねえ。スッキリします。

そして真面目な話、私はこの漫画の「仲間」関係が好きです。
こう、つかず離れずな微妙な関係が。

なんか「仲間」「仲間」って口ばっかで、実際何の絆も感じられない漫画がちらほらありますが、この漫画では本当の絆というものをとても強く感じる事ができます。
言葉にして「仲間」というと何かわざとらしい、いやらしい感じがしますが、この作品においてはそんな事は全くないと思います。
とってもさりげなく、それでいて本当に強い絆を彼等に感じる事ができます。

ギャグとしても、シリアスとしても、とっても面白い漫画だと思います。
特に10巻以降はその面白さがどんどん加速して行き、最後までその勢いで駆け抜けて行くすごい漫画だと思ってます。

単行本で全38巻、ワイド版で全19巻ですが、是非ご一読あれ!
Loading...

| おすすめ漫画 | 23:57 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

4年越しですが
読んでみたくなりました

| わじまにあ | 2011/06/02 06:17 | URL |











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT