私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いよいよネーベルホルン杯 2011!!

今日は日本時間の17:45から男子SP滑走順の抽選が行われます。
どきどきする!!!

とりあえず、男子の予定のみ。(日時は日本時間です)
09/21(水) 17:45- 男子SP滑走順抽選
09/22(木) 23:30-02:35 男子SP
09/23(金) 20:35-00:15 男子FS
09/25(日) EX
男子SPの予定時間は23:30~02:35と遅いですが、起きてリザルト観戦したいと思います!

ジュニアGPSみたいにISUが動画アップしてくれたら嬉しいのですが、ISU主催の試合ではないので動画は期待できないのかな…。
ファンの方が撮った客席動画を期待したい所です…。

試合日程については、こちらのサイトが分かりやすいと思います。是非ご参照ください。
-Nebelhorn Trophy-

そしてユニバーサルスポーツのネーベルホルン杯展望記事に、羽生君の名前が!!
(9/22)Absolute Skatingの記事も追加しました。


http://www.universalsports.com/news-blogs/blogs/blog=gofigure/postid=557432.html
ユニバーサルスポーツのネーベルホルン杯展望記事から、羽生君に関する部分のみ抜粋。

Figure Skating Nagasu set to make early debut | Universal Sports

His biggest challenge will come from 16-year-old Yuzuru Hanyu of Japan, who in summer ice shows proved he, too has a quad toe and quad Salchow. He even showed off an unthinkable triple Axel-step-triple Axel sequence. The only thing holding Hanyu back from stardom has been his stamina in the free skate. It is very early in the season, so we likely can't judge him based on this performance, but we'll get a good idea.
翻訳ツールなどを駆使したあやふや翻訳。
ミハルのもっとも大きな挑戦者は日本の羽生結弦16歳だろう。
彼は夏のショーで四回転トゥと四回転サルコウを持っていることを証明した。
また、彼は3A~3Aという考えられないシークエンスでさえも披露した。
羽生がスターダムに上れないたった一つの要因は、FSでのスタミナだ。
シーズン初めなので、私たちは恐らく今回の演技に基づいて、
彼を判断することができません。しかし、私たちはよい考えを思いつくでしょう。
長い目で羽生君を見てね!!的な最後のフォローに温かさを感じます。



http://www.absoluteskating.com/index.php?cat=articles&id=2011nebelhornintro
もう一個追記。
Absolute Skatingのネーベル記事から、羽生君言及部分抜粋。

Questions and intrigues to be answered at the 2011 Nebelhorn Trophy

Who will stand on the men's podium?

The field in men's competition is so deep this year that it's hard to predict not only the winner but even the medallists. Michal Brezina from the Czech Republic, Japanese Yuzuru Hanyu and Tatsuki Machida, Denis Ten from Kazakhstan, Russian Konstantin Menshov, rising Spanish star Javier Fernandez and Stephen Carriere from the US will vie for the medals. Some of them are more decorated and experienced than others, but the early start of the season might mix up any prediction.

(中略)

At summer shows in Japan, Yuzuru Hanyu has shown a very impressive arsenal of jumps, including two different quadruples - toe loop and Salchow, triple Axel-triple Axel and even quadruple toe loop-triple Axel sequences. Will we see some of these landed at the competition where the atmosphere, no doubt, is much more stressful? Or will he play it safe to win his first senior competition?
またしてもあやふや翻訳。
男子表彰台に立つのは誰か?

男性の競争でのフィールドは今年非常に深いので、勝利者だけでなくメダリストさえも予言するのは難しい。
チェコ共和国のミハル・ブレジナ、日本の羽生結弦と町田樹、カザフスタンのデニス・テン、ロシアのコンスタンチン・メンショフ、上昇中のスペインの星ファビエル・フェルナンデスおよびアメリカからのスティーヴン・キャリエールは、メダルを求めて競うだろう。
彼らのうちの何人かは他の者よりも勲章を与えられ、経験を積んでいる。しかし、その季節の早いスタートはどんな予測も混乱するかもしれない。

(中略)

日本の夏のショーで羽生結弦は、2つの異なる四回転ートゥループとサルコウ、3A~3A、そして4T~3Aシークエンスという、ジャンプの非常に印象的な武器を示している。
間違いなくより多くのストレスがかかる競技会の空気の中で、私たちは、これらのうちのいくつかを着氷する所を見られるだろうか。
あるいは、彼は最初のシニア競技会に勝つために安全策をとるだろうか。
4Sはともかく、セカンド3AのシークエンスはEX用だということを知らないのだろうか…。

Loading...

| フィギュア | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント

TRACKBACK URL

http://karaxcomic.blog50.fc2.com/tb.php/509-bd78499c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT