私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日は「東日本大震災チャリティー演技会」の日でした。

110409_02.jpg
ツイッターに張り付いてショーの情報を拾い集めてました。

羽生君は最後から三番目に登場。(ラスト三人は羽生君→荒川選手→高橋選手の流れ)
ラスト三人にはアンコールあり。
羽生君の演目は「白鳥の湖」のエキシバージョン。ジャンプは3F(3Lz?)と3S。
アンコールは昨季のフリーの「パガニーニ」後半。
アンコールとフィナーレでパーフェクト3Aを飛んだとの事!

皆さんのツイートを見ていると、すごく心のこもった迫力のある白鳥で、スタオベ拍手喝采だったみたいです。

110409_01.jpg

以下、各メディアより羽生君関連情報を抜粋。

ブームスポーツ編集局

関大と関大前の情報紙「ブームスポーツ」の編集部のツイッターアカウントより。選手のコメントあり。
フィギュアチャリティー演技会】羽生結弦さん「震災から4週間、ここ復興の街神戸で皆さんの前で氷上に立てることをうれしく思います。被災された方々、この会場に集まってくれた皆さんのために心をこめて滑ります」

フィギュアチャリティー演技会】羽生結弦さん、演技後に「3月11日、僕は今まで体験したことのない大きな地震に遭いました。あれからまだ復旧のめどが立たないところも多く見られます。一日も早い復興を願ってやみません。僕も精一杯努力をします。皆さんもどうぞご支援をお願いします」

フィギュアチャリティー演技会】高橋大輔さん閉会の挨拶「本当は関西のメンバーだけでやろうと思ったけれどこうして、被災した羽生くんが参加してくれて…きょうはこれで終わってしまいますが、このあと2階で募金活動をします。ご協力ください」。

フィギュアチャリティー演技会】募金で977万3515円、チャリティーオークションで295万4323円、合計1272万7838円が集まった。収益金を含め、日本赤十字社を通じ寄付される。

最後に羽生結弦選手のコメントを紹介させていただきます。「地震の時は、リンク内で練習していたらその時に大きな地震が来た。立つことが精一杯の地震だった。靴のまま出てきた。言葉にはできないほどの無力さ。自分が住んでいた町が崩壊していった。何ともいえない恐怖感だった」

羽生結弦選手コメント「日本の危機、東日本の危機だと思った。こんなに人って無力なんだ。これほど自然の災害ってすごいんだ、と。避難所で避難生活をしていた。避難所にいたのは4日間。そんな中でもたくさんの人に支えられて、心というか、自分もなんとかしないといけない、とずっと考えていた」

羽生結弦選手コメント「自分にできることはスケートだ、と感じた。自分がスケートをしていることが特別なことだと感じた。一生懸命やることで、少しでも多くの方の勇気になれば。たくさんのお客さんの中で、奇跡。その奇跡をひとつひとつつなげて東北を神戸のような温かい街にしたい」

羽生結弦選手コメント「今伝えたいことは…自分自身頑張っているのはわかる。この先どうしていいかわからないのもみている。でも、とにかく一人じゃない。皆でひとつひとつ力を出していけば。今、東神奈川で練習している。とにかく滑りたい。滑ってこの思いをスケートにぶつけたい

スポニチ:荒川静香さんら慈善演技会 被災の羽生もあいさつ

東北高の羽生結弦選手は仙台のリンクで練習中に被災し、避難所で4日間過ごしたという。「東日本も(阪神大震災で)被災した神戸のように、しっかり明るく温かい街になれればいい」と言い、大きな拍手の中で何度も深々とお辞儀した。

毎日.jp:フィギュア:神戸で慈善演技会…東北高の羽生参加

高橋によると、高橋が宮城・東北高OBの本田武史(02、03年世界選手権男子3位)らと話し合って企画。

被災地から10年世界ジュニア王者の羽生結弦(宮城・東北高)が参加。先月11日の震災時は仙台市のリンクで練習中で「とてつもなく大きな地震で立っているのがやっとだった。スケート靴のまま外に出ると、下水道が破裂して水浸しだった」と振り返る。避難所に4日間おり、10日後に神奈川県などで練習を再開したという。「人の無力さ、住んでいる街が崩壊していく悔しさを感じた。何とも言えない恐怖感。スケートを通して少しでも多くの方に勇気を与えたい」と、復興への思いを口にした。

NHK大阪府のニュース:被災地支援のアイスショー

そして、昨シーズンのジュニアの世界チャンピオンで東北高校2年の羽生結弦選手が「復興の勇気になれば」と強い思いを込めて演技しました。
羽生選手は仙台市内の自宅が被災し、一時は避難所で生活していたということで、会場に詰めかけた約2000人の観客からひときわ大きな拍手が送られていました。このあと選手たちは募金活動を行い、アイスショーの収益と合わせて被災地に送られるということです。
羽生選手は「地震の直後は、どうすることもできない無力さと、自分が育った町が壊れていく悔しさを感じた。でも、自分にできることはスケートしかない。きょうのようにみんなで力を合わせることで復興への見通しが開けてくると思う」と話していました。

asahi.com(朝日新聞社):被災した羽生ら、フィギュアチャリティー演技会に出演

冒頭、犠牲者への黙祷(もくとう)が捧げられた。羽生選手は、練習中のリンク上で地震に遭い、一時は避難所での生活も送った。情感のこもった氷上の舞に、2700人の観客は総立ちで拍手。演技後のあいさつで16歳は、「被災地が元の姿を取り戻せるように精いっぱい努力していくので、皆さんも力添えをよろしくお願いします」と何度も頭を下げ、アンコールにこたえた。

サイン入りのスケート靴などのオークションで295万4323円が、募金で977万3515円が集まった。チケット代から必要経費を除いた額と合わせ、日本赤十字社に寄付される。

YOMIURI ONLINE(読売新聞):復興支援へフィギュアのチャリティー演技会

宮城・東北高の羽生結弦(ゆづる)が登場すると、約2700人の観客は総立ちで拍手した。

 地震発生時、仙台市内で練習中だった羽生は約4日間、避難所生活を経験、「復興のめどが立っていない所もある。精いっぱい演技することで少しでも力になりたい」と語った。

日テレNEWS24:神戸市でフィギュアのチャリティー演技会

東北高校2年・羽生結弦選手(16)は、仙台市のリンクで練習中に被災した。「たくさんのお客さんの中で、拍手を受けること自体が奇跡だと思う。奇跡を一つずつ紡いでいって、東日本も、(阪神・淡路大震災で)被災した神戸のように、明るい温かな街になっていければと思う」と、スケートができる喜びと復興への思いを語った。

110409_03.jpg

Togetter - 「【現地レポ】東日本大震災チャリティー演技会~復興の街、神戸から~」

ツイッターでの演技会に関するつぶやきをまとめたページ

以下、いろんなつぶやきを見ての感想とニュース動画。


練習場所もなくなってしまったような状態でこんな完璧な演技を見せてもらえるとは…!
泣いた!
前より成長しているような気がした!
きっとこの子はもっと強くなる!

的なコメントをいくつか見られたのが嬉しかったです。

立場的には被災していないスケートファンが羽生君を支えたい!応援したい!と思ってると思うのですが、いろんな人のツイートを見て、今日の羽生君の演技はそんなファンの心配を吹き飛ばすような、「大丈夫だよ!」と逆にこちらを安心させて元気付けてくれるような、そんな印象を受けました。

羽生君の最大の武器は心の強さだと思うので、これからもその強さを持って、色んな壁を乗り越えていって欲しいです。

今日のNHKのサタデースポーツで今日の演技会について取り上げるっぽいので楽しみです。

(追記)
ニュース映像もキタ!!外部読み込みしていいのか分からないので、赤字をググれば見つかる方式。

daeoB_y7u7w
LTLj31V0RWQ
Lv_HWIl_58w
PbxgveyKWsU
b1qCsfFSWDI
ogxUZgLbHJ0
C2azz1Krjxw


NHKは羽生君メインに取り上げてくれて嬉しいです…!
ちょっと前に羽生君特番も組んでくれましたし、好意的な感じがします。
観客の皆さんの声援も温かく、みんなきっと心配してたんだろうな、そして元気に滑る姿が見られて嬉しかったんだろうな、と思います。
Loading...

| フィギュア | 19:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT