私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2010 世界フィギュア選手権

テレビ放送前ですが、Yahooで結果も出てるし、動画も某サイトには上がってるので感想。

ISU Figure Skating World Championship 2010
順位とスコアの詳細。


真央ちゃん優勝おめでとう!!!!

SPとFPで3アクセルの回転不足を取られたみたいですけど、SPの回転不足判定なんて、いつものいちゃもんみたいなものだったし、シーズン最後に真央ちゃんの目標としていた完璧な演技を見せてもらえて、すごく嬉しかったです。
ありがとうございます!

そして、高橋選手と一緒に男女アベック優勝。
しかもジュニアの羽生選手、村上選手と合わせると、ジュニアとシニアの世界選手権で、男女ともに日本選手が優勝という、とんでもない快挙を成し遂げたことは、日本フィギュアに関わる全ての選手やコーチなど関係者の方々の努力と鍛錬の賜物だと思います。
おめでとうございます!!!

日本フィギュア黄金時代到来!!って感じですごく燃えます。
かっこいいですよ…。

以下、罵詈雑言


そしてあんまり話題にしたくない名前ですが、某銀河点女王様はフリーでジャンプ一回転倒、もう一つのジャンプが一回転になるミスをしておきながら、フリーで得点が1位で総合2位って、ジャッジの人たちには良心とか恥じらいとかそういうものはないんですかね。

なんかクラスのリーダー的な女の子に「あの子むかつくからシカトしようね!」って言われて、
自分がいじめられたくないから相手にはなんの恨みもないのに長いものにはまかれろ的に追従するような根性なし、卑怯者、自分だけが可愛い正義感の欠片もない自己中人間…そういう最低人間の要素をこれでもかと詰め合わせたような匂いがプンプンします。
…生きてて恥ずかしくないんですか…?

もしフィギュアのファンがサッカーのフーリガン並だったら、フィギュアファンに殺されても文句言えないレベルの暴挙だと思います。
こういうことされるとせっかく好きなスポーツなのに見る気なくなっちゃうのでやめて欲しいです。
これで銀河点女王様は引退ですよね?ですよね?
今回の大会だって、やる気ないけど自分が出ないと来期の韓国の出場枠がなくなっちゃうから出ただけですよね?

彼女が消えてもジャッジというか、スケート連盟のトップが替わらないことには腐ったままだと思いますが、彼女がいると正等に評価されれば彼女より上に来る選手が一個下に行かなきゃいけないので、その分の一人が繰り上がれるだけ、消えてくれた方が他の選手のためだと思います。
試合前の公式練習中に妨害したり、本当に他の選手の邪魔でしかないですからね…。

SPの鈴木選手の得点も出たときすごいブーイング起きてましたし、不当に点を下げられると今まで頑張ってきた選手や関係者の方が本当に報われなさ過ぎてかわいそうなのでやめて欲しいです。


採点方法への提案

  1. ジャンプの回転不足判定なんか人間にやらせないで、スケート靴のつま先と両サイドに小さいセンサーみたいの貼り付けてきちんと規定の度数を回ってるかチェックすればいいと思います。

  2. 現行の技に対する難易度と与えられる得点に剥離があることは、過去のメダリストなどからのインタビューで度々語られています。高難易度の技にはそれなりの基礎点を与えられるべきです。

  3. 芸術点や音楽の理解度はジャッジでなく、バレエの審査員とか音楽家にでも判断させた方がいいと思います。
    ジャッジの皆さんは芸術に対してどれだけの理解と評価を下せる感性を持ってるっていうんですか?
    音楽に対する知識なんて、明らかに音楽家の人に適うわけないですよね?
    五輪の後も音楽家の方のブログでフィギュアの感想が書かれているものを見ましたが、アナウンサーですら紹介しなかった曲に対するいろんな知識や想いを知ることが出来て、すごくためになりました。
    ジャッジもアナウンサーも勉強不足すぎるんじゃないでしょうか…。

    私が読んだのは中村洋子さんの「音楽の大福帳」というブログです。(無断リンク禁止っぽいので「中村洋子 音楽の大福帳 浅田真央」などで検索すればトップの方に出てくると思います。)

    五輪直後の感想は東京新聞に載ったらしいのでブログからは消えちゃったんですかね…。
    真央ちゃんの衣装が赤である必然性とか、「鐘」という曲がロシアの人にとってはどういうものか、そこから見て取れるタラソワコーチの真央ちゃんに対する信頼感など、興味深い記事だったのですが…。

    でも他の記事でフィギュアについて語られているものがまだアップされていますので一見の価値アリです。

    (2010/3/30 追記)
    上で話してた記事は別の人のブログでした。
    こちらですので、是非読んでみてください。

  4. 現状のルールですと、中学生のテストで100点を取った人と大学受験で80点取った人を点数だけで比べて中学のテストで100点取った人が勝つシステムになっています。
    なので、全員同じ構成のプログラムを全員同じ音楽同じ衣装で滑らせて技術点を集計すればいいと思います。
    大会のレベルに合わせてプログラムの難易度を上げればいいんじゃないでしょうか。

    まぁ、そうするとジャッジが勝たせたい選手が得意な技を詰め込んだりした有利なプログラムを課題にしようとするだろうなぁ…とは思いますが。

まとめ


五輪、世界選手権と見ても、高橋選手が銅と金、真央ちゃんが銀と金で、有終の美を飾ってくれた素晴らしいシーズンでした。
選手のみなさんお疲れ様でした!!
来期の皆さんの活躍と、新しいプログラムを楽しみにしています!!!

MURMUR 別館 : 【速報】 浅田真央選手、2度目の世界女王に -2010世界選手権


コメント返し(キサノさんへ)
こんばんは!
本当に真央ちゃんは素晴らしいですよね!
真央ちゃんの座右の銘の如く、日進月歩で進化し続けること、そして今置かれているあの状況で気持ちが折れないように強く持ち続けることがどれだけ大変なことか…。
なのでシーズン最後に優勝という一番いい結果を残せて良かったなぁ~!!!と思います。

そして観客も盛り上がってて良かったですよね!
スコアに対する反応も正直で、ああやってファンがおかしい!という声を上げることで採点が正しく行われるようになるといいのですが…。

あと結果が出た後の真央ちゃんの表情、かわいそうでしたよね…。
あんなに頑張って難しいプログラムをこなしても、相手のミスに便乗しないと勝てないような点数しかもらえないんだったら、どうしようもないじゃん!ってなっちゃいますよね。
本当に、選手は体に鞭打って必死に努力して競技に挑んでるんだから、ジャッジも正々堂々正しい評価をして欲しいです。
プルシェンコ選手も両膝の半月板損傷、腰にヘルニア、アキレス腱も手術しなくちゃいけないという故障を負うほど、自分を追い込んで頂点に君臨し続け、これからもフィギュア界の未来のために滑り続けてくれてるのに、なんのリスクも負わないジャッジが遊びみたいな採点で選手の運命を左右するような資格ないと思いますよ。
フィギュアを愛する心があればそんなひどいことできないと思うのですが、ジャッジの人はなんでフィギュアのジャッジやってるんですか?って感じですよね。
フィギュアへの愛がないなら転職しろと言いたいです。

そして例の彼女がおかしいのはもう国民性としかいいようがないんだと思います。

それでは、コメントありがとうございました…!
Loading...

| フィギュア | 13:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT