私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

銀牙 -流れ星 銀-

銀牙-流れ星 銀-コンプリートDVD(初回生産限定)
銀牙-流れ星 銀-
淡海悟郎、山田栄子 他
銀牙 -流れ星 銀-っていうアニメを今見ています。私が幼稚園くらいの時に一回見たような記憶があって、それで見てみたのですが、すっごい面白いです。

猟犬が主人公のアニメで、赤兜という巨大な熊にお父さん犬をやられた子犬が成長して打倒赤兜を目指す、犬対熊の闘いの物語なのですが、すごく熱いです。番長モノや任侠モノを思わせる漢らしさに溢れています。



以下感想詳細


主役の秋田犬、銀は打倒赤兜を目指す奥羽野犬軍団(元は皆猟犬でわけあって人間から離れた犬達らしい)とともに、強い漢(犬)を求めて日本全国駆け巡り、仲間を増やして、熊軍団との決戦に挑みます。奥羽野犬軍団の中にも第一班小隊から第十二班小隊くらいに分かれて、小隊ごとにちゃんとリーダーがいて統率を計ってたりするあたりも軍隊っぽくてカッコいいですし、犬が人間みたいな軍隊を組織してるってあたりもなんか面白くて笑えます。司令官とかいるんですよ。

そしてこの犬軍団の皆も仲間になる日本各地の猛者たちも個性的ですごく魅力的です。マキバオーみたいに皆人間だったらこんな顔してこんなやつなんだろーなーと思えるような犬達です。

銀が初めて出会う猟犬のジョン(シェパード)はキザな実力者な感じでいかにもライバルですし、銀が所属する第一班小隊長のベン(グレートデーン)は我が身を犠牲にしても部下を守り、敵を諭そうとする、まさにリーダーで、霞岳のモス(マスチフ)は巨漢でヤクザの親分みたいな感じで父性に溢れた包容力のあるおやっさんって感じで、伊賀忍犬軍団総帥の赤目(紀州犬)は忍法使いで頭脳派な感じでカッコよくて、闘犬の武蔵(土佐犬)は闘犬のチャンピオンで、同じく元闘犬で地上最強と言われる紅桜も貫禄ある大将な感じ。そして北海道のヒグマ殺しの白狼はちょっと頭のネジが飛んじゃった暴走族の団長っていう感じで面白くて好きです。

モスと紅桜の年配組は若い者に対して引っ張ってくれる、頼りになるリーダーシップや、さりげない優しさを見せてくれたりするのですごく好きです。特にモスは敵の子供を育てたり、器の大きい親父さんで大好きです。

一回一回のお話も面白くて、今日ずっと夢中になって見てました。(まだ途中)
ワンピースがこれの話を元ネタにしたんだろーなー、と思えるエピソードもありましたが、こっちの方が燃えるし感動しました。
やっぱり昔の少年漫画の方が魂に訴えかけるというか、心に響きます。
なんでだろう。

悪役の犬も、最大の敵である赤兜も悪と化した理由が人間にあったりするあたりも、非常に考えさせられるお話です。

そしてどうやらこのお話は現在『銀牙伝説WEED』という続編が連載されているみたいです。どうやらまだ連載中っぽいので来週あたりチェックしてみようと思います。
Loading...

| アニメとか | 00:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT