私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「みどりのマキバオー」作/つの丸

日本競馬史上、かつてない珍馬・珍獣が出現。体は小さいが走るのは速い、犬の様な白毛馬、みどり牧場一の競走馬ミドリマキバオー!! 意気揚揚と新馬戦に臨もうとするが、華々しいデビューを飾れるか…!? 競馬界に旋風を巻き起こせ!! <おちゃめなコミック童話>(amazon商品紹介より)

「友情」!!「努力」!!「勝利」!!
そして「挑戦」というテーマが熱く、感動的に描かれた競馬漫画です!

今までの人生で一番泣かされた漫画かもしれません。
ライバルの馬達やマキバオーを支える人々とのドラマとレースシーンの戦略的な駆け引きが面白く、とても引き込まれます。

かっこいいマキバオーMAD(ネタバレ含む)。マキバオーの熱さに触れていただきたいです。



以下感想詳細


私は毎週「キン肉マン2世」目当てにプレイボーイを立ち読みしているのですが、先日プレイボーイで「太陽のマキバオー」なるマキバオーの2世漫画が始まりました。

初代マキバオーは私が小学生か中学生の頃に連載されてアニメ化もされていましたが、あの当時は絵が好みじゃなかったので興味なかったのですが、絵の食わず嫌いが減って来た現在、興味が湧いて初代を近所の古本屋で立ち読みしてみたのです。

地元の本屋には1巻と5巻しか置いてなったのですが、とりあえず読んでみたら、
その両方で泣いた。

立ち読みなのに我慢しきれず泣いた。

これは…!!と思い、走り回って昨日ようやく全16巻中11巻だけを除く全てを集めました。

期待以上にめちゃくちゃ素晴らしい漫画でした。
間違いなく私の中の殿堂入り漫画です。

本当に熱い、「友情」「努力」「勝利」の正統派少年漫画でありながら勝ち続けるわけではなく、幾度もの敗北や困難を乗り越えながら強くなって行くマキバオーの姿にボロ泣きしました。

16巻しかないのにそのうちの5巻分くらいでボロ泣きした気がしますよ。
これはすごい割合だと思われます。
特に最終回は…!!(泣

「漂流教室」もそうなんですが、自分なら泣きたくなる程辛い困難や苦難に、前向きに向かって行く姿っていうのはめちゃくちゃ感動します。
前向きであればある程かわいそうっていう気持ちに拍車がかかりまくり、だけどその前向きな姿勢に感動を覚え、だけどかわいそうのループで涙が止まらなくなります。
最終回のマキバオーはその困難に笑顔で向かって行く所がさらに感動に拍車をかけます。
お前こんなかわいそうなのになんで笑ってんだよおおおおおおおおおお!!!!(泣
で泣きまくってそのまま寝て今日の朝起きたら目がお岩さんみたいに腫れぼったくなってました。

最近の漫画は不幸自慢大会と化しているのでどんな不幸エピソードもはいはい出た出た、って感じなのですが、この漫画の馬達はどんな苦難を抱えても立ち止まらず前向きに進んで行く所がとても素敵です。
そして、これだけ感情移入できるのも、やはりこの漫画のキャラクターに魅力とリアリティみたいなものがあるからだと思います。
最近の漫画のキャラクターは絵はやたら小綺麗だけど作られた感が抜けないのですが、マキバオーのキャラクターはとても「生きている」感じがして、とても説得力があります。

もうマキバオーが普段はおとぼけでかわいくて、だけどレース中はかっこ良くて大好きになりましたよ。
ライバルの馬達も皆個性的で、それぞれ色々なものを抱えながらも一生懸命で、すごく魅力的だと思いました。
人間にしたらこんな顔してるんだろーなーっていう姿が思い浮かぶくらいビジュアル的にも性格的にも皆キャラが立ってます。
というか、人間の顔の描き分けすら危うい人がいる中、動物の顔にあれだけ個性を出せるってすごいなあ…。
そして馬と人間が普通に会話してる世界感も面白くて好きです。

↓なぜか好きでしょうがないマキバオーの一コマ

makibao.gif


なんかマキバオーの背中の柔らかさとその奥の筋肉の固さが感じられるんですよ…。
あ~私もマッサージしてあげたいなあ~~~って気になるんですよ…。
そしてこんな小さい体でサラブレッド達と戦ってるっていうのがすごいよなあ、と思うんですよ。
Loading...

| おすすめ漫画 | 00:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT