私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

≫ EDIT

2010 NHK杯フィギュア 女子の結果と男子ショート

女子の結果

1.カロリーナ・コストナー(164.61)
2.レイチェル・フラット(161.04)
3.村上佳菜子(150.16)
4.キーラ・コルピ(148.44)
5.アシュリー・ワグナー(143.73)
6.エレーネ・ゲデバニシビリ(141.52)
7.キャロライン・ザン(133.86)
8.浅田真央(133.40)
9.ビクトリア・ヘルゲソン(130.11)
10.レナ・マロコ(122.03)
11.ジェナ・マコーケル(121.52)
12.ダイアン・スミット(88.33)

村上選手が三位で台乗りしましたが、正直フリーは三度転倒した割りに点が出すぎた気がします。
地元開催とシニアデビューのご祝儀的な感じがしてしまいます。本人も点が出た時嬉しそうじゃなくて、逆に悔しそうな感じでしたし、11月12日~14日の村上選手の第二戦スケートアメリカで本領発揮できるといいな!と思います。

日本選手と個人的注目選手のグランプリシリーズ出場予定

10月29日~10月30日 スケートカナダ
(女子)今井遥、村主章枝
(男子)南里康晴、織田信成、アルトゥール・ガチンスキー(RUS)、クリストファー・ベルントソン(SWE)

11月5日~7日 中国杯
(女子)安藤美姫、鈴木明子
(男子)トマシュ・ベルネル(CZE)、ブライアン・ジュベール(FRA)、小塚崇彦、町田樹

11月12日~14日 スケートアメリカ

(女子)村上 佳菜子
(男子)村上大輔、織田信成、高橋大輔、アドリアン・シュルタイス(SWE)、アーミン・マーバヌーザデー(USA)

11月19日~21日 ロステレコム杯(ロシア)
(女子)安藤美姫、鈴木明子
(男子)トマシュ・ベルネル(CZE)、羽生結弦、町田樹、アルトゥール・ガチンスキー(RUS)、ジェレミー・アボット(USA)

11月26日~28日 エリックボンバール杯(フランス)
(女子)浅田真央、今井遥、村主章枝
(男子)ナン・ソン(CHN)、ミハル・ブレジナ(CZE)、ブライアン・ジュベール(FRA)、小塚崇彦

真央ちゃんの次の試合はグランプリシリーズ最終戦ですので、今日からまたこの日までの真央ちゃんの成長を楽しみにあと約1ヶ月生きて行きたい思います。
私の人生に楽しみをくれてありがとう!と言いたいです。

そしてミハル・ブレジナ選手は脚の付け根の静脈瘤手術を受けて中国杯の出場を取りやめましたが、最終戦のエリックボンバール杯には間に合うんでしょうか…。本人は
「グランプリ大会は世界選手権ほど重要ではありません。絶対に世界選手権に出ます。焦って試合に出たくはありません」
と言っているようですので、世界選手権で復活していい演技ができるといいですね!
スポンサーサイト



≫ 続きを読む

| フィギュア | 22:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

記事紹介:2010NHK杯女子シングルSP 浅田真央8位「もうひとつの自信」

えぇ記事や…。と思わず関東人でありながら関西弁でつぶやいてしまいそうになった記事から、気になった所を抜粋。

2010NHK杯女子シングルSP 浅田真央8位「もうひとつの自信」(1)
コーチや関係者、そして浅田真央本人の証言を聞き、そして公開練習や公式練習での様子を見て言えることは、ひとつ。
「ここまで本番で崩れてしまうほど、今の状態は悪くない」

本人も「練習では、100%ではないです。でも、じょじょに良くなっている。その実感はあります」と言うのだから、本番でもっとできてもいい。
 ところが――「これまではいつも本番前、ジャンプは100%の状態まで持っていって、その自信で試合に臨んでいたんです」
 そう彼女は言う。
「だから練習で100%じゃない。そのことへの不安が、本番で出てしまうんだろうなあ……」
2010NHK杯女子シングルSP 浅田真央8位「もうひとつの自信」(2)
浅田真央のパーフェクトにとって必要なのは、何よりも「100%の練習」。その、いつもは100%の練習が、今シーズンはできていない。普通の選手ならば 70や80%で満足し、ある程度の自信を持って試合を迎えるのだろうが、彼女は98%でも99%でも不安なのだ。100%の練習は、裏切らない。でも、ほんの少しでも練習に納得がいかなければ、ここまで崩れてしまう……。

 思えば浅田真央のジャンプを崩した原因も、彼女自身の「不安」だった。「エッジエラーを取られたらどうしよう。取られたくない」その不安が、ルッツを「跳べないジャンプ」にしてしまった。「回転不足を取られたらどうしよう」その不安が、トリプルアクセルの助走スピードも回転スピードも奪って行った。

 浅田真央はこれから、佐藤コーチとともにスケーティングの基礎を身につけ、ジャンプを修正していく。しかしそれと同時に身につけなければならないのは、この不安に打ち勝つ力ではないだろうか。

昨日真央ちゃんの演技後のインタビューからもすごく不安そうだなぁと感じましたが、本当に「身につけなければならないのは、この不安に打ち勝つ力」まさにその通りだと思いました。

今までも、どんなに厳しくて過酷な状況でも頑張ってきた真央ちゃんにさらなる強さを求めるのは酷な気もしますが、真央ちゃんの心の不安を取り除いてくれる手助けを誰かしてくれるといいなぁと思います。
ファンは「大好きだよ!」っていう手紙を送るか、試合会場で応援するくらいしかできることがないのがもどかしいですね…。

| フィギュア | 10:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月