私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

≫ EDIT

2010 スケートカナダ男子の最終結果 [動画]

総合結果

FPl.NameNationPointsSPFS
1Patrick CHANCAN239.5241
2Nobunari ODAJPN236.5213
3Adam RIPPONUSA233.0432
4Kevin REYNOLDSCAN218.6526
5Javier FERNANDEZESP210.8564
6Alban PREAUBERTFRA209.0555
7Artur GACHINSKIRUS204.0877
8Jeremy TENCAN191.8698
9Yasuharu NANRIJPN188.9689
10Grant HOCHSTEINUSA181.651210
11Kristoffer BERNTSSONSWE175.841111
12Paolo BACCHINIITA167.601012

男子フリープロトコル

織田選手は2位!おめでとうございます!
南里選手は9位、ガチ君は7位。

SP四回転2回のケビン・レイノルズ選手は4位…表彰台まであと一歩でしたね…。
次のエリックボンバール杯(フランス)を応援したいと思います!ジュべと四回転対決頑張ってください!

8位のジェレミー・テン選手はNHK杯にも来てくれていましたが、ぶっ続けの連戦だったんですね…お疲れ様です。
最近はスケーターの方々のツイッターを知りうる限りチェックしてますが、ジェレミー・テン選手はSP終了後に初のSPで二回の四回転を成功させたケビン・レイノルズ選手に対し、
So proud of my training mate Kevin. History was made tonight!
ってつぶやいてましたね。お二人は練習仲間なんですね。
素直に仲間の偉業を称える所がいい人だなぁと思いました。同じ国の選手としても名誉に感じるでしょうし、やっぱり嬉しいんでしょうね!
スポンサーサイト



≫ 続きを読む

| フィギュア | 15:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010 スケートカナダ男子ショートの結果 [動画]

各選手の名前から演技動画にリンクしています。

順位選手名合計技術点演技構成点スケーティングつなぎ演技力振付け音楽との調和減点
順位選手名合計技術点演技構成点スケーティングつなぎ演技力振付け音楽との調和減点
1Nobunari ODAJPN81.3743.3738.007.937.257.687.687.460.00
2Kevin REYNOLDSCAN80.0946.0334.066.716.467.006.936.960.00
3Adam RIPPONUSA77.5341.1036.437.366.827.507.257.500.00
4Patrick CHANCAN73.2036.7339.478.117.757.618.077.933.00
5Alban PREAUBERTFRA69.7135.5734.146.796.646.966.866.890.00
6Javier FERNANDEZESP66.7434.3232.426.396.076.646.646.680.00
7Artur GACHINSKIRUS66.5734.1432.436.616.186.576.576.500.00
8Yasuharu NANRIJPN61.0031.6029.406.185.685.865.895.790.00

男子ショートプロトコル

NHK杯のSPの結果と比べると今大会は全体的に点数が高いですね。
(NHK杯SP一位の高橋選手は78.04)


≫ 続きを読む

| フィギュア | 20:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NHK杯 羽生君演技海外実況

NHK杯が終わってからというもの、羽生君の演技に取り憑かれ、毎日リピートしている私です。
3Aと四回転の美しさと、驚きの飛距離に目が離せません。
FPは何度見ても後半から「頑張れ!頑張れ!」と応援しちゃいます。
会場にいたら手拍子しまくってJOの時みたいに両手が粉砕骨折したみたいに痛くなっただろうなぁ。

そして、海外実況シリーズもロシア、イタリア、カナダ、アメリカあたりの動画が続々アップされて嬉しい限りです。

まだ訳がついてるのはイタリアとアメリカ動画くらいですが、ロシア実況でも最後に「マラジェッツ(Молодец)!」=(よくやった!とか素晴らしい!とかそんな意味)って言われてました。全部ちゃんと訳が付いてくれるといいなぁと思います。

イタリア実況 SP

かなり褒めてくれてます。フランス語やイタリア語は「はひふへほ」の発音がないので
「ゆづる あにゅー」って呼ばれてますね。


アメリカ実況 SP

リトルジョニーって感じだね!と言われてました。この解説者のFPの反応が知りたいです。
FP衣装はジョニーのデザインとか知ってるのかな…。

≫ 続きを読む

| フィギュア | 00:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NHK杯 浅田真央 「豊の部屋」

BSハイビジョン放送でのエキシビションが始まる前や一部と二部の合間に行われた各選手へのインタビューコーナーから、真央ちゃんの回。
ここちょうど見逃してたんですよ!見られて良かった!



そしてインタビュアーを務めて下さった方々が真央ちゃんに温かい態度で良かったです。
樋口豊さんはファンの声を代弁して頂いたと思います…!
そして真央ちゃんの表情も、競技の時より笑顔が戻っていて少し安心しました。
真央ちゃんには笑顔でいて欲しいです…。

≫ 続きを読む

| フィギュア | 19:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010 NHK杯フィギュア 男子の結果

NHK杯 公式サイトより、簡易順位表
ISUリザルトページ男子フリー

1.橋大輔(234.79)
2.ジェレミー・アボット(218.19)
3.フローラン・アモディオ(213.77)
4.羽生結弦(207.72)
5.ショーン・ソーヤー(193.80)
6.無良崇人(191.85)
7.呉家亮(189.58)
8.ケビン・バン・デル・ペレン(189.41)
9.ロス・マイナー(186.62)
10.アードリアン・シュルタイス(181.47)
11.ジェレミー・テン(176.48)
12.デニス・テン(171.68)

≫ 続きを読む

| フィギュア | 15:13 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010 NHK杯フィギュア 女子の結果と男子ショート

女子の結果

1.カロリーナ・コストナー(164.61)
2.レイチェル・フラット(161.04)
3.村上佳菜子(150.16)
4.キーラ・コルピ(148.44)
5.アシュリー・ワグナー(143.73)
6.エレーネ・ゲデバニシビリ(141.52)
7.キャロライン・ザン(133.86)
8.浅田真央(133.40)
9.ビクトリア・ヘルゲソン(130.11)
10.レナ・マロコ(122.03)
11.ジェナ・マコーケル(121.52)
12.ダイアン・スミット(88.33)

村上選手が三位で台乗りしましたが、正直フリーは三度転倒した割りに点が出すぎた気がします。
地元開催とシニアデビューのご祝儀的な感じがしてしまいます。本人も点が出た時嬉しそうじゃなくて、逆に悔しそうな感じでしたし、11月12日~14日の村上選手の第二戦スケートアメリカで本領発揮できるといいな!と思います。

日本選手と個人的注目選手のグランプリシリーズ出場予定

10月29日~10月30日 スケートカナダ
(女子)今井遥、村主章枝
(男子)南里康晴、織田信成、アルトゥール・ガチンスキー(RUS)、クリストファー・ベルントソン(SWE)

11月5日~7日 中国杯
(女子)安藤美姫、鈴木明子
(男子)トマシュ・ベルネル(CZE)、ブライアン・ジュベール(FRA)、小塚崇彦、町田樹

11月12日~14日 スケートアメリカ

(女子)村上 佳菜子
(男子)村上大輔、織田信成、高橋大輔、アドリアン・シュルタイス(SWE)、アーミン・マーバヌーザデー(USA)

11月19日~21日 ロステレコム杯(ロシア)
(女子)安藤美姫、鈴木明子
(男子)トマシュ・ベルネル(CZE)、羽生結弦、町田樹、アルトゥール・ガチンスキー(RUS)、ジェレミー・アボット(USA)

11月26日~28日 エリックボンバール杯(フランス)
(女子)浅田真央、今井遥、村主章枝
(男子)ナン・ソン(CHN)、ミハル・ブレジナ(CZE)、ブライアン・ジュベール(FRA)、小塚崇彦

真央ちゃんの次の試合はグランプリシリーズ最終戦ですので、今日からまたこの日までの真央ちゃんの成長を楽しみにあと約1ヶ月生きて行きたい思います。
私の人生に楽しみをくれてありがとう!と言いたいです。

そしてミハル・ブレジナ選手は脚の付け根の静脈瘤手術を受けて中国杯の出場を取りやめましたが、最終戦のエリックボンバール杯には間に合うんでしょうか…。本人は
「グランプリ大会は世界選手権ほど重要ではありません。絶対に世界選手権に出ます。焦って試合に出たくはありません」
と言っているようですので、世界選手権で復活していい演技ができるといいですね!

≫ 続きを読む

| フィギュア | 22:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

記事紹介:2010NHK杯女子シングルSP 浅田真央8位「もうひとつの自信」

えぇ記事や…。と思わず関東人でありながら関西弁でつぶやいてしまいそうになった記事から、気になった所を抜粋。

2010NHK杯女子シングルSP 浅田真央8位「もうひとつの自信」(1)
コーチや関係者、そして浅田真央本人の証言を聞き、そして公開練習や公式練習での様子を見て言えることは、ひとつ。
「ここまで本番で崩れてしまうほど、今の状態は悪くない」

本人も「練習では、100%ではないです。でも、じょじょに良くなっている。その実感はあります」と言うのだから、本番でもっとできてもいい。
 ところが――「これまではいつも本番前、ジャンプは100%の状態まで持っていって、その自信で試合に臨んでいたんです」
 そう彼女は言う。
「だから練習で100%じゃない。そのことへの不安が、本番で出てしまうんだろうなあ……」
2010NHK杯女子シングルSP 浅田真央8位「もうひとつの自信」(2)
浅田真央のパーフェクトにとって必要なのは、何よりも「100%の練習」。その、いつもは100%の練習が、今シーズンはできていない。普通の選手ならば 70や80%で満足し、ある程度の自信を持って試合を迎えるのだろうが、彼女は98%でも99%でも不安なのだ。100%の練習は、裏切らない。でも、ほんの少しでも練習に納得がいかなければ、ここまで崩れてしまう……。

 思えば浅田真央のジャンプを崩した原因も、彼女自身の「不安」だった。「エッジエラーを取られたらどうしよう。取られたくない」その不安が、ルッツを「跳べないジャンプ」にしてしまった。「回転不足を取られたらどうしよう」その不安が、トリプルアクセルの助走スピードも回転スピードも奪って行った。

 浅田真央はこれから、佐藤コーチとともにスケーティングの基礎を身につけ、ジャンプを修正していく。しかしそれと同時に身につけなければならないのは、この不安に打ち勝つ力ではないだろうか。

昨日真央ちゃんの演技後のインタビューからもすごく不安そうだなぁと感じましたが、本当に「身につけなければならないのは、この不安に打ち勝つ力」まさにその通りだと思いました。

今までも、どんなに厳しくて過酷な状況でも頑張ってきた真央ちゃんにさらなる強さを求めるのは酷な気もしますが、真央ちゃんの心の不安を取り除いてくれる手助けを誰かしてくれるといいなぁと思います。
ファンは「大好きだよ!」っていう手紙を送るか、試合会場で応援するくらいしかできることがないのがもどかしいですね…。

| フィギュア | 10:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NHK杯 女子ショート

第二グループからテレビで見れました!
もう今日は定時より早く上がらせてもらってなんとか真央ちゃんに間に合いました…。
良かった…。

真央ちゃんのジャンプの調子はまだよくありませんでしたが、それは今の時期必要なことで、これを乗り越えればさらにパワーアップできるということをファンは分かっているので、真央ちゃんはどうかファンの応援や期待をプレッシャーに思わず、ただ真っ直ぐ自分の理想を追い求めて欲しいです。

ジャンプの不調よりも、真央ちゃんの精神面がすごく心配です。

明日のフリーで、真央ちゃんが自分の満足の行く演技ができますように…。

・NHK杯リザルトページ

真央ちゃんのショートは技術点はあれですけど、
演技構成点はコストナーの29.75に次いで全体で二位(28.95)ですね!
本当に後はジャンプだけですね!それさえ決まればぶっちぎりの期待を得られて良かったです。
他の部分がちゃんと評価されてるっぽくて良かった…!

なんだか今はひたすら「真央ちゃん愛してる!」と叫び続けたい気分です。

≫ 続きを読む

| フィギュア | 21:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日からNHK杯!!

楽しみです!!でも楽しみであると共に、なんだかすごく緊張します…。
真央ちゃんは大丈夫だろうか…。
羽生君は四回転を決められるだろうか…。

明日の女子ショートの結果はきっと仕事中にyahoo!ニュースで知るはめになるんだろうなぁ…。有給とって生放送を見たかった…。
19:30からの放送も多分間に合わないので帰ってから録画したのを見ることになるんだろうなぁ…。

どうか日本選手の皆さんが実力を出し切った悔いのない演技ができますように…。

NHK杯放送予定

10月22日(金)

15:00~18:15 BSハイビジョン
・アイスダンス ショートダンス 生放送
・ペア ショートプログラム 生放送

19:30~20:43 総合
・女子シングル ショートプログラム 生放送

10月23日(土)

12:00~18:00 BSハイビジョン
・男子シングル ショートプログラム 生放送
・女子シングル ショートプログラム 録画
・アイスダンス フリー 生放送
・ペア フリー 生放送

17:00~17:59 総合
・男子シングル ショートプログラム 録画

19:30~20:43 総合
・女子シングル フリー 生放送

10月24日(日)

0:50~1:50 総合
・ペア フリー 録画
・アイスダンス フリー録画

12:00~18:00 BSハイビジョン
・男子シングル フリー 生放送
・女子シングル フリー 録画
・エキシビション 生放送

16:30~17:59 総合
・男子シングル フリー 録画

21:50~22:35 総合
・エキシビション 録画

10月30日(土)
5:05~16:30 総合
・2010NHK杯フィギュア総集編 録画

≫ 続きを読む

| フィギュア | 22:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NHK杯に向けてのインタビュー

公式サイトより

もう来週ですよね…。楽しみです!
日本選手の活躍も期待したいですが、ADSLにも頑張って欲しいです!
今季の新プロはどんななんだろう…。

と思ったら動画があった。


フリーが「ロミオとジュリエット」!
昨シーズンの病院脱走プログラムとはまた方向が180度違うのが来たな!
と思ったら相変わらず醸し出す雰囲気が邪悪で安心しました。

昔の星の王子様風衣装といい、ADSLは鮮やかな青衣装が似合うなぁと思います。

≫ 続きを読む

| フィギュア | 14:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

羽生君情報

NHK杯間近になって羽生君関連のニュースもちらほら入るようになって嬉しい限りです。
記事の気になる部分を抜粋。

「4回転に挑戦存在感示す」

 「ソチに出たいという気持ちはすごくある。表彰台の真ん中に立ちたいという思いはあるし、そのための今季だ。五輪への糧となるような1年にしたい」「経験は絶対に無駄にならないと思うので、勝っても負けても自分を見失わないようにしたい」

シニア一年目ということで新参ファンとしてはドキドキです。
どこかのインタビューで羽生君はドキドキよりもワクワクが大きい、みたいな事を言っていましたが、心強いですね!
ソチへ向けて四年間、頑張って欲しいです。
羽生君が優勝した世界ジュニアで3位だったガチンスキー選手も、先日行われたシニア初戦となるフィンランディア杯で4回転決めて優勝しましたし、羽生君も好調な滑り出しでシニア初戦を迎えられるといいなぁと思います。

羽生が挑む NHK杯フィギュアスケート シニア転向後初

「しなやかさだけではダメ。力強さも見せたい」。雄々しさを表現するため、高難易度の4回転ジャンプを取り入れた。筋力トレーニングは行わず、実際に使う音楽に合わせて演技を繰り返しながら精度を磨く。
 4回転成功には高さと速い回転が必要。失敗して何度もリンクにたたき付けられながら、少しずつ手応えをつかんだ。「最初はほとんど成功しなかったが、今は1日1本は成功するようになってきた」。猛練習で両脚の筋力が増し、ほかのジャンプにも好影響を与えているという。

衣装はアイスショーで知り合った2008年世界選手権銅メダリストのジョニー・ウェア(米国)がデザインした。尊敬する偉大な選手の後押しを力に、「順位は考えず、自分のできることをやるだけ。全部の試合で4回転に挑戦する」と初陣に臨む。

筋トレしないで四回転!あの細い体を見てると転ぶたびに心配になってしまいますが、NHK杯で決めてくれ!!と今から緊張している私です。
四回転の練習で他のジャンプにも好影響が出てるって言うのは嬉しいですね!
そしてやはり衣装はジョニーにデザインしてもらったんですね。自分で頼んだんでしょうか…?すごいなぁ。
プルにもコーチを依頼してたらしいですし、もう羽生君のアグレッシブさが大好きです。

これからもそんなパワフルで漢らしい性格のまま突っ走って欲しいです。

≫ 続きを読む

| フィギュア | 22:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャパンオープンとカーニバルオンアイスに行ってきました。

昨日と今日、テレビ東京で放送されたアレを昨日見てきました。
一日中拍手しまくってたせいか、手がパンパンに腫れてすごく痛いです。両手が粉砕骨折したんじゃなかろうか。今両手のひらにひえピタ貼ってます。

二度目の生プルです。
しかし競技モードのプルの緊張感と迫力はまた素晴らしかったです。
しかも生ニジンスキー見れると思わなかったので、本当に嬉しかったです。

初め衣装見た時トスカのやつだったので、今日はトスカなのかと思ったら、最初のポーズで両手を横に広げた瞬間にもう感激と驚きでテンションMAXになりましたよ。

会場が大きくて他のお客さんの歓声とかの反応の相乗効果ですごく盛り上がりました。
ビールマンスパイラルからのジャンプとか、中国のアイスショーでもやってましたが、競技用の技として練習中なのかなぁと思いました。

以下テレビで放送されなかったキスクラや表彰式のプルの様子。

≫ 続きを読む

| フィギュア | 22:48 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月