私のおすすめ漫画をご紹介させていただくコーナーです。最近おもしろい漫画ないなあ、と思っている方、どうぞ御覧下さい。しかし今はフィギュアスケートに嵌り中。その他、小説、映画の感想、漫画・アニメ系おもしろ動画のご紹介なども。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「新参者」東野圭吾

新参者
東野さんの新作「新参者」を読みました。

以下の東野さんのお言葉のように、一つの事件を追い、捜査を進める先々で出会う人々のドラマが、短編集のように一話完結な形で描かれながらも、段々と事件の概要が明らかになっていくストーリー構成は、ドミノのような達成感がありました。

立ちはだかるのは、人情という名の謎
日本橋の片隅で発見された四十代女性の絞殺死体。「なぜ、あんなにいい人が」と周囲は声を重ねる。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、未知の土地を歩き回る。

「この町のことを思い浮かべるだけで、忽ち様々な人間が動きだした。そのうちの一人を描こうとすると、そばにいる人々の姿も描かざるをえなくなった。まるでドミノ倒しのように、次々とドラマが繋がっていった。同時に謎も。最後のドミノを倒した時の達成感は、作家として初めて味わうものだった」――東野圭吾

amazon「内容説明」より

以下感想。
スポンサーサイト

≫ 続きを読む

| 小説感想 | 14:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』が映画化

されるんですね。
今日のYahooニュース見てびっくりでした。

しかも主演が小池徹平ですか…。
キャラ的にはなんか違うと言わざるを得ませんが、小池徹平自体は嫌いじゃないです。

そして何より気になるのが作中で福山雅治似と言われている藤田さんの配役ですが、どうやら藤田さんは田辺誠一さんがやるようです。
私の中で田辺誠一さんは紫のバラの人なので「仕事が出来る」「イケメン」のイメージがありますので、全然オッケーです。

そして妻夫木似の木村君は田中圭さん
知らない人なので画像検索して見た所、薄い顔だなぁと思いました。

配役はこんな感じらしい

マ男: 小池徹平さん
就職したのが問題ばかりのブラック会社だった元ニート

中西さん: マイコさん
マ男の同僚の美人派遣社員

木村くん: 田中圭さん
マ男の後輩。一見、爽やかボーイで真面目なタイプだが自己評価が極めて高く我が強い。
藤田さんを一方的にライバル視する。


リーダー: 品川祐さん
マ男の上司。自分は仕事せずに部下に押し付ける

井出: 池田鉄洋さん
リーダーと仲良し。濃い顔に坊主頭。自称エロガッパ。

上原さん: 中村靖日さん
スキルはあるけれども人見知り。リーダーと井出にいじめられている。

瀬古: 千葉雅子さん
誰…?

藤田さん: 田辺誠一さん
マ男の同僚で、憧れの人。仕事ができて性格もいい

映画公式サイト
映画公式ブログ

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない まとめ
漫画版

≫ 続きを読む

| その他 | 21:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「聖女の救済」「ガリレオの苦悩」東野圭吾

東野さんのガリレオシリーズ2作同時刊行!の新作、「聖女の救済」と「ガリレオの苦悩」を読みました。

相変わらず面白かったです。
「聖女の救済」は長編小説ですが、「ガリレオの苦悩」は短編集な感じでした。

東野圭吾ガリレオシリーズ特設サイト『倶楽部ガリレオ』

≫ 続きを読む

| 小説感想 | 14:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[ドラマ]流星の絆の感想

の前に今日あったイラついたこと

081017.gif

これって宗教の勧誘なんですよね
今時これに騙される人なんかいないだろうと思うのですが引っかかる人いるんですかね。

なんかこれに目ぇつけられるってことは、世間知らず、もしくは心に隙間がありそう、幸薄そうと思われてるってことなんじゃないの?
な感じで非常にむかつきます。

以下、本題のドラマ感想


≫ 続きを読む

| その他 | 02:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東野圭吾「流星の絆」がドラマ化

東野圭吾「流星の絆」二宮和也でドラマ化

福山雅治が主人公を演じてなかなかの視聴率を記録した「ガリレオ」の原作者、東野圭吾さんの「流星の絆」がドラマ化されるようです。

あらすじとしては、両親を殺され孤児となった三兄妹が詐欺師という悪の道で協力し合いながら生き抜き、両親を殺した犯人を追い詰めようとする、兄妹の絆と、両親の敵への復讐という燃え要素とサスペンスが混ざり合った、大人も楽しめる面白い作品です。

配役は

詐欺計画担当、頼りになる頭脳派長男:二宮和也
何にでも化けられる演技派次男:NEWS錦戸亮
男を手玉に取る美貌の妹:戸田恵梨香

結論からいうと

・最悪
・全然イメージじゃない
・見る価値なし


以上です。
興味ある人は普通に本を読んだ方がいいと思います。

≫ 続きを読む

| その他 | 21:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。